ウーバーイーツパートナー側 やってみた

将来的に配達代行サービスを利用するのもありなのかぁって思う今日この頃です。バイトの時給も上がってるし、配達のバイト集めるのものすごく大変なんです。とりあえず、どんなもんか自分でやってみようということです。

ウーバーイーツの登録は・・・。

やってみた系のブログが親切丁寧に書いてるのでそっちを参照してください。

 

簡単に書くと、自分のデータを送信して恵比寿の事務所に出向いて説明を受けて、銀行の口座番号を登録して、バックを借りてくるだけです。簡単です。

・バックの保証金として8000円かかります。その場で払わず働いた分から差っ引かれます。

 

・働いた分のお金は海外送金で銀行口座に振り込まれます。現金払いしてたら現ナマ用意するのにコストがかかりますもんね。

マックではお釣りをわざわざお金を出して両替して納品してもらってました。全店でやってるんだからかなりのコストですよね。銀行に両替に行ってもバイトの人件費がかかります。現金を一切扱わないのはうまいですね。

 

・配達員はみんな自営業です。ウーバーイーツからお仕事をもらってお客様のところに届けます。なので労働基準法は一切適用されません!!

そうなんです。自営業は労働基準法の適用外なので、長時間労働だろうと休みがなかろうと自分の采配で決められるんです。つまり時給はありません。源泉徴収票もありません。保険も福利厚生もありません。お仕事をしたらした分だけ自分の収入です。歩合みたいなもんですね。

事故にあってもウーバーイーツは関係ありません。次の配達員に仕事を回すだけでなにもしてくれません。ケガをしても労災なんてありません。自営業なので自己責任です。普段から自営業の僕には当たり前な事なんですが・・。

 

・バイクと自転車どちらかで登録します。気分でバイクにしたり自転車にしたりはできないです。切り替える時はわざわざ登録事務所に行って登録のやり直しをしないといけないです。バイクは125cc以下の原付で、登録した車両しか使ってはダメです。

白タクみたいに車やバイクで配達代行をしてはいけない法律になってるそうですが、125cc以下は原動機付自転車で車両にあたらないそうなのでOKらしいです。事故の場合はもちろん自分の保険を使います。業務使用で保険かけてない人はもめそうですね。

 

・配達員がこぼしたり、なんかしらの理由で配達できない時は、ウーバーイーツがお金払うから同じのをお店に作ってもらって別の人が配達に行きます。

僕も一番最初の配達でこのトラブルに巻き込まれ大変でした。別記事にしますね。

 

・お客様のお宅に着いて、ピンポン押してでない場合は電話して、それでもいない場合は10分待って、もう一度電話して不在の場合は、配達終了となります。

これすごいですよね。一般的な出前の常識では考えられないです。時間を置いて何度か伺いますよね。

商品はどうすると思います?返しに来なくて良いんです。処分してくださいとの事です。つまり捨てても良いし、食べても良いんです。いやー斬新です。びっくりしました。

 

・お金は電子決済で支払い済みなので、お食事を届けるだけです。

配達員はお店ともお客様ともお金のやりとりはありません。当然ですがお釣りの用意も計算間違えもありません。 らくちんです。

 

・配達先に伺って場所がわからない場合はお客様に電話します。

当然そうなんですが、自分の私用電話で、通話料金は自分持ちです。プライバシー保護のためお客様の電話番号も自分の電話番号もダミーの番号に切り替わって通知されます。

僕はスマホとガラケーの2台持ちなのですが、ウーバーイーツに登録した方の電話番号じゃないとお客様に掛からないそうです。

 

 

こんな感じです。ではさっそく配達してみましょう。

 

このブログを読んでウーバーイーツ始めよっかなぁって方は

招待コードに僕の招待コード入力してください。

少しおこづかいもらえるんでブログの管理代にあてます。

 

L6BCHP

 

 

宜しくお願い致します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です