金のうなぎ 上野毛店さんに勉強に行きました。

金のうなぎ 大王

ファーストフードみたいなうなぎ屋さんで斬新でした。楽天の買うクーポンで6350円が2880円でしたので、勉強させてもらいに行きました。

金のうなぎ 大王

ご飯の中にも半身が入ってます。1.5匹のうなぎです。

ちょっと遅くなってしまい20時ごろに伺いました。

メニューを見るとうなぎ以外はなく本当にうなぎだけで勝負してるお店です。

店内には一組とカウンターにはビニール袋に入った、たぶん配達用のうなぎ弁当が並んでます。

お茶はセルフサービスで入り口付近の高速のサービスエリアにあるお茶の機械で勝手にお茶入れます。斬新ですね。

すごく忙しそうです。

一人お客さんが入ってきたと思ったら配達の人でした。やはりカウンターに並んでいるのは配達のうなぎ弁当でした。それにしてもたくさん並んでます。すごいです。こんな時間にこんなに配達くるなんて・・。

HPに記載されていますが、配達は紐を引っ張ると蒸気が出てきて温まる弁当箱を使ってるみたいです。ですので、多分冷めちゃっても大丈夫なので早めに作っておいておくのだと思います。

見てると配達が二人で間に合わなくて、3人目が出動してました。

出前の範囲は世田谷区内とありますが、かなり配達エリア広いです。温め直しができるから時間がかかるところにも配達できるんですね。

こんなにうなぎ弁当に需要があるのに驚きです。勉強になります。

立ったついでに厨房を除くと中国人?の女の子が忙しそうに働いてます。厨房にはこの女の子しかいないので、うなぎもこの子が焼いてるのかなぁ。

お会計の時に声を掛けたらアクセントがおかしかったので、たぶん日本人じゃないと思います。

お兄さんもいましたが、接客担当みたいです。

しばらくするとうな重が運ばれてきました。

見た目は堅そうですが、食べると柔らかいです。言葉は悪いですが真空パックでお湯で温めたうなぎみたいです。

よく見ると串を刺した跡がありません。

どうやってるんだろう?

それにしてもこのほっかほか弁当箱で配達はありかもしれないです。

配達が二人でバイクと車。店内に3人で5人。3人目の配達はバイクみたいです。

紙地図使ってないみたいで、スマホで調べてました。今時って感じです。

老舗のうなぎ屋さんとは違ったファーストフードみたいなアイデアが満載ですごい勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です